雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

カフェ経営ゲーム『KANBAN Menu』の感想


f:id:sinden:20190707102410j:plain
 ドイツゲーム喫茶B-CAFEさんのゲームマーケット2019大阪の新作『KANBAN Menu』を遊びました。デザイナは黒田尚吾氏。
 2人から5人で遊べるゲームです。


 非常に手堅くまとまっており、さすがの完成度の高さに黒田さんやるなと唸りました
 プレイヤはカフェのオーナーとなり、自分のお店の売りとなる看板メニューの開発をします。営業したり、イベントに出たりすることで勝利点を稼ぎ、ゲーム終了時、開発したメニューが持つ勝利点を含め、最も勝利点が高いプレイヤが勝利します。


f:id:sinden:20190707102636j:plain


 メカニズムとしては、軽めのワーカープレイスメントと言えるかもしれません。別にワーカーを置いたり、早いもの勝ちでもないですけれど。
 手番が来たら6種類のアクションの中から1つを選び、フルーツやスイーツ、ドリンクなどの素材を集めます。これらの素材を販売してお金を得たり、勝利点を得たり、あるいは組み合わせることでメニューの開発ができます。


f:id:sinden:20190707102724j:plain


 開発したメニューは、ゲーム中に特別な効果を生み出すものもあれば、単純に高得点を有するものもあります。
 素材を獲得し、その素材を勝利点に変換していく。
 2段階式ですが、筋道が明確で、誰でもかんたんにルールを理解し、すぐに遊び始められる軽量と中量級の間に来るくらいの重さです


f:id:sinden:20190707102843j:plain


 いやはや、ほんとうに瑕疵がなくて、重すぎず軽すぎずちょうどいい感じです。
 オススメです!


メニューカードのデザイン、おしゃれだったよね

ブラックボードにチョークで書いた風のやつね。あれ、今風だよね

昔からあったような気もするけれど。リアル脱出ゲームの施設に行っても、ときどきエントランスに飾ってあったりするよね

よだかのドラマチックルームとか、SCRAPのヒミツキチとかね。ああいうの賭けるの、すごいと思う

アクション選ぶのなんて言うの? ワーカープレイスメントじゃないよね? まあ、誰でも、いつでも、どこにでも入れるのがいいよね

あまり不公平が生まれないデザインになっていたね。よく制御されていたと思う

確かにね。先にゲーム終了条件のフラグを切りそうになっても、メニューの素点で負けるのが見えていると困るよね。って言うか、先にVPを増やしてるひとってメニューが少なかったりするから、VPを取ると見せかけて、違うところに素材を置いてもらって、そっちを狙いに行くのが良い気がする

まあ、いろんな戦術はあると思う