雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2対2の正体隠蔽殴り合い『イケメン大好き吸血鬼アニマちゃん!』の感想


f:id:sinden:20190725163303j:plain
 ぺたんこサラマンダーさんのゲームマーケット2019春の新作『イケメン大好き吸血鬼アニマちゃん!』を遊びました。
 4人専用の、正体隠蔽系のゲームです。


f:id:sinden:20190725163336j:plain


 タイトルとアートワークを見て、ライトゲームなのかと思いきや、ルールを読んで、いざ遊び始めてみると予想外の奥深さを秘めていて驚きました。
 似ているゲームとしては、2対2のチーム戦が確定している『シャドウハンターズ』でしょうか。他プレイヤを殴って、敵陣営のキャラクタのHPを0にすることが目的になります


f:id:sinden:20190725163400j:plain


 ゲーム開始時点、どのプレイヤが敵で、どのプレイヤが味方は分かりません。
 ここで求められるのはスキルを使って正体を明かしていくか、正体は分からないけれど、とりあえず殴ってみてから考えることになります。
 しかし、殴ると言っても、特定のキャラを指定することはできません。指定できるのは、あくまで場所です。場所を指定して、結果としてその場所に、誰かがいればその人物を殴ることができるわけです。
 この仕掛けは、ゲームの序盤から終盤に至るまで、非常に効果的に機能していました。
 つまり、スキルを駆使して殴りたい敵が分かっても、その敵がどこにいるかを突き止めないと殴ることができないどころか、うっかり味方を殴ってしまうこともあるわけです。
 もちろん、敵は敵で、殴られるのを待ったりはしないので、場所を突き止められたら、速やかに移動アクションして逃げてしまうことでしょう。


f:id:sinden:20190725163531j:plain


 攻防の他に、能力を強化する覚醒や、アイテムカードを入手する探索などのアクションもあり、それぞれ横一直線に並んでいるのですが、右の方にあれば、より強力な能力を発揮します。
 いつ、どこで、どの能力を、どのように使うかを考えるのが楽しい、単純に見えて奥深いゲームでした。タイトルとアートワークを見て食わず嫌いしている方は、もったいないことをしています!


エモかったね!

そう? まあ、展開的には、確かにドラマチックだった気がする

最初は、何をすればいいかよく分からなかったよ

他プレイヤを、致命傷にならない程度に、ちくちく殴りながら、カードを見ていって、仲間を特定するゲームだと思うよ。少なくともひとりを見れば、そのひとりが味方ならば、他2人を殴ればいいし、そのひとりが敵ならば、そのひとりを殴ればいい

ぺこら、2人にカードを見られたけれど、殴られなかったら「え? え?? まあ、いっか。とりあえず、力を溜めよう。力こそパワー!」と思ったんだよ

そう、ぺこらさんが力を溜めてくれたから、ぼくが指示を出せたんだよね。あそこが勝負が決まったと言っても、過言ではないと思う

そうそう。そうだったよ。楽しかったよ!