雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

平成最後のリアル謎解きゲーム『平成からの脱出(謎キット版)』の感想

f:id:sinden:20190902124633j:plain
 平成の終わりに、クラウドファウンディングで大成功を収めたリアル謎解きゲーム『平成からの脱出』。当日は都合がつかず参加できなかったので、公演で使用した資料をそのまま貰えて、自宅で楽しめる謎キットが貰えるプランを支援していました。
 送られてからだいぶ積んでしまいましたが、遊びましたので感想を書くことにします。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

(1)平成生まれの、平成生まれによる、平成生まれのためのリアル謎解きゲーム
(2)東大の謎解き制作サークルメンバーをチームに加え、高い謎解き品質を実現!
(3)平成の懐かしいモノやコトを会場に展示。平成を忘れないように。そして新しい時代を切り開いていこう

https://www.makuake.com/project/heiseikaranodasshutu/

感想

f:id:sinden:20190902124703j:plain
 本作品、最大の敵は、なんと言っても時間制限でしょう!
 自宅で遊べる謎キットが送られて、中身を一瞬だけ確認して、積み謎を保管する箱に放り込んでいたのですが、8月の終わりにふと気づきました。


あれ? 平成からの脱出って、9月末に遊べって書いてなかったっけ……?


 不安に思いつつ、積み謎箱をひっくり返し、真ん中らへんにあった封筒を開けてみると、なんとそこには、

本キットは、令和元年8月31日(土)までに解いていただくようお願いいたします。

 と書いてありました!
 やべえ、気がついて良かった! と、慌てふためきつつ、早速、着手したのであります。


 キット的な完成度は、非常に高かったです
 元々、公演で使っていた実際のアイテムを、自宅でも遊べるようにリサイクルしたものなので、当たり前と言えば当たり前ですが、非常に本格的でした。
 せっかくなので、リアル公演の40分を目指して遊んでみようとしましたが、残念、ラス謎に苦戦した結果、クリア時間は50分でありました。


 終了後、解説動画のページにアクセスすると、実際の公演時における解説部分の撮影動画を見ることができて、ほんとうに公演に参加したような気分になれたのは良かったですね
 小謎の解説もすっ飛ばすことなく、ひとつひとつ丁寧にやってくださって「あー、なるほど。こういう平成的な小ネタが入ってたんだな!」と、ほっこりしました。

一緒に遊んだぺこらさんの感想

懐かしかったね! 平成を振り返ったね。ギリギリだったけれど、遊べて良かったよ

うん、想像していた以上にレベルが高くて、かなり堪能した

解説が動画だったのが良かったよね

分かる。後、小ネタが逐一、懐かしかったよね。って言うか、平成のなかでも、時代の流れを感じたよ

そうかも!

携帯電話を使って検索してもよい、というのがけっこう効果的に使われていた気がするかな

そうだね。面白かった! 公演だったら40分で出来たかなー? 失敗してたかなあ。2人で50分だから、4人なら出来てたかも!

終わりに

 謎の出来栄え、持ち帰り謎としての完成度、何もかもが高水準で、素晴らしかったです
 多くのリアル謎解きゲームは、その形式上、期間限定にせざるをえず、開催期間が終わってしまうと二度と参加できません。そのリアル性が魅力だとは思いますが、時間や空間の都合から参加できない方も多いと思うので、公演の持ち帰り謎化というのは、もっと多くの団体が検討し、採用しても良いのではと感じました。