雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

名作絵画のゲーム『真贋のはざまで』の紹介

f:id:sinden:20191111180845j:plain
 Unigames(ウニゲームス)さんによる『真贋のはざまで』が、パズル系のゲームを多く手掛けている株式会社やのまんさんより発売されました。
 製品化にあたり、各種コンポーネントがブラッシュアップされたので、紹介します。

原作について

 原作は冒頭にも記載した通り、Unigamesさんが手掛けたゲームで、クラウドファウンディングで大成功を収めました。
 秋山は、ゲームマーケット2018秋で販売されたバージョンを以前に遊んでおり、非常に楽しませていただきました。そのときの感想は、以下の記事にて詳しく書いています。

製品版について

f:id:sinden:20191111180845j:plain
 基本となるルールに変更はありませんが、長年、ジグソーパズルを中心に様々なキャラクター商品を手掛けてきたやのまんさんの監修が入っているのか、全体的にコンポーネントがブラッシュアップされ、プレイアビリティが向上しています
 また、原作はルールブックが一部分かりにくいところがありましたが、製品化にあたり厳密な書き方に改められており、分かりやすくなっています。


f:id:sinden:20191111180919j:plain


 こちらは、各プレイヤが持つことになる役職カード。
 ひとまわり大きいカードになっただけでなく、情報も整理されており分かりやすいです。
 シルエットですけれど、イラストも加わっているので、より雰囲気も出ていますね。


f:id:sinden:20191111180958j:plain


 最後は紙幣です。
 こちらも品質が向上しています。
 ゲーム中、最も触る機会が多いものですので、紙幣がちゃんとしているとテンションも上がります。

真贋のはざまで

真贋のはざまで

終わりに

 既に販売済みではありますが、ゲームマーケットで購入できるのは再来週の2019秋が初めてになります。
 より遊びやすくなった『真贋のはざまで』美術好きの方にはオススメです!