雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

人を労ると書いて『人労』の感想

f:id:sinden:20191121230037j:plain
 おにやんまさんのゲームマーケット2019春の新作『人労』を遊びました。
 5人から7人用の正体隠匿系のゲームです。
f:id:sinden:20191121230103j:plain

私、勝った。何故か

確か、どのプレイヤーも勝利条件を満たすことができなくて、棚ボタ的に勝ったんだっけ?

そうそう。『人労』だから、人狼っぽいのかなって思ったけれど、あんまり、そういうところがなくて良かったよ

f:id:sinden:20191121230203j:plain

ルール的には、けっこう細かいところまで作り込まれていて、人狼に代表される正体隠匿系の議論ゲームが好きでないプレイヤーでも楽しめる作りになっているとは思う。けれど、その一方で、プレイヤーを守り過ぎると言うか、制限が多いため、ある瞬間でウソを吐いたり、仕掛けていかないとズルズルと負けてしまうと言うか、変な形で決着がついてしまうところが惜しいかなという印象

なるほど。人狼っぽさは……なかったよね?

あると言えばあるし、ないと言えば、ない……

プロジェクトメンバーに選ばれないと見ているだけになってしまい、ちょっとゲームに関与できないよね

そういう事態に陥ってしまう前に、仕掛ける必要があるわけだよね。『レジスタンス』や『レジスタンス:アヴァロン』と同じく

まあ、仕掛けないで終わりますよね

慣れていないとね。そういう意味では、もう少し繰り返し、遊んで研究したい気持ちはある

私、勝たないし負けない主義だから

……咲!!