雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

本格ミステリ映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』の感想(ネタバレなし)

f:id:sinden:20200213160340j:plain
 USでは2019年11月末、日本では1月末に封切られた映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』を観てきました。
 なんとなーく評判がいいなー? とは思っていましたのですが、ぺこらさんに誘われて「いいよ」と仕事帰りに気楽に観てきました。

観始める前

 映画館に入った瞬間、実は、ちょっとテンションが落ちました。
 思っていたよりひとが入っていたからです。
 映画館で観る映画は独自の味わいがあって、価値があると考えていますが、両隣に知らないひとがいるのは、ちょっと窮屈に感じます。隣に人が座ったら嫌だなあ、やっぱり観に来なければ良かったかな。
 そんなことを考えながら始まるのを待ちました。

始まった瞬間から終わるまで

「あ、これは、面白いわ」
 最初の5分か10分くらいですかね
 ダニエル・クレイグ演じる名探偵ブノワ・ブランが、まだ一言も喋らない内から、傑作性を確信しました
 そして、それから2時間弱。
「今まで面白かったけれど、さすがに、ここらへんがピークだろう」とか「ああ、もう落ちが読めたわ、後は予定調和的に進むのでは?」と内心で布石を打ちながら観ましたが、これが、もう裏切られること裏切られること。
 めっちゃ気持ちがいいですね!
 観ている人間の、予想を裏切って、その斜め上に物語がかっ飛んでいくのが、ほんっとうに快感です。これこそ、ミステリが持つピュアな快感ではないでしょうか!?
 堪能させていただきました。

一緒に観たぺこらさんの感想

あすまーさんが今後、観たい映画の一覧を作っていて、その中で面白そうなのをチェックしたの! それが……ナイブズ・アウト!

えっ、そうだったの! ぼくが評判いいなーと思ったの、あすまーさんのTwitterでの呟きだったんだけど!!

ありがとう、あすまーさん!

映画はどうだったの?

え? 面白かったじゃない! ミステリー系が観たかったんだよね、で、観るなら『9人の翻訳家』か『ナイブズ・アウト』で迷ったんだけど、『9人の翻訳家』はシリーズ物じゃない。だから『ナイブズ・アウト』にしたんだよね。でも、アメリカの映画じゃない? アメリカ映画ってアクション物が多いじゃない。私、ヨーロッパの映画が好きなんだよね。でも、良かったよ!

良かったと思う

敢えて言うとするならば、

ならば?

犬が出なかったね

出たよ!!

え?

飼ってたでしょ!!

……あっ、いた。いやいやいや、違うよ。番犬じゃない。もっと、ふわふわしてて、わんこふゅーちゃーしてほしかったの!

ミステリーにわんこを求めるの違うと思うよ

わんこが目撃者とかいいじゃない!

ファンタジー……

終わりに

 1月5日にライアン・ジョンソン監督が、続編の製作に着手していると発表した様子で、今からシリーズ第2弾が楽しみでなりません。
 ブノワ・ブランに! また会いたい……!