雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

アマプラでアイドルの演劇『エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート』を見ました

 唐突ですが、もっと演劇を見たいと思いました。
 試しにアマゾンプライムビデオで検索してみたら、いくつか出てきたので私立恵比寿中学の8人が主演を務めるシアターシュリンプ第1回公演『エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート』を見てみました。

私立恵比寿中学について

 演劇を見たい、が優先順位No.1だったので、説明文か口コミにアイドルが云々と書いてあったような気がしましたが、単純に上映時間が短いのと、タイトルから察せられる内容が軽そうだからという理由で見ました。
 従って、見ている最中は、彼女らが私立恵比寿中学というアイドルであるということは、完全に忘れていて、ただ「なんか女性が多いな……舞台が女子校だからかな?」くらいの印象でした。
 見終えた後に、


やたら、アンコールが長いな。第1回公演なのに、ディープなファンがいるのって不思議だな。あ、そう言えばアイドルなんだっけ? エビ中??


 という感想を抱いたくらいなので、観劇しにいった方の大半が、彼女らのファンであるとするならば、圧倒的少数派と言えるかもしれません。

少女たちの二面性がGood

 演劇部部長の宮内まやを演じる柏木ひなたが、演劇部OGの藤巻千種演じる真山りかをおだてる冒頭のシーンから、一転、「あいつ、マジうぜーな!」みたいな台詞が出た瞬間に「あ、面白いかも」と感じました。
 その後も、本音と外面を演じ分けながら、どんどん登場人物が増え、物語が多重構造になっていくのは、面白かったですね。
 中盤、柏木ひなたが、顧問の加藤先生演じる加藤雅人が好きという設定が入ったあたりで、3種類の役柄を演じわけるシーンなんかは、特に良かったのではないでしょうか。
 個人的には、先輩に、同級生に、そしてお姉さんに振り回されまくる川辺真純演じる小林歌穂が気に入りました。扉を抑える動きや、周りの誰も気づいていないけれど、彼女だけが気づいてしまい顔を歪めるシーンや、驚かなくてもいいのに「お姉ちゃんかと思った!」と驚くシーンが良いですね。

シアターシュリンプその他の公演

 第1回公演の『エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート』に続き、第2回公演として『ガールズビジネスサテライト』もあるそうですね
 そして、第3回として『シー・イズ・ノット・ポストオフィス』が予定されていたそうですが、松野莉奈さんがお亡くなりになったそうで、中止というニュースを発見しました。
 松野莉奈さん。
 本作では田中小枝子という演劇部部員を演じていました。
 いやー……ショックですね。
 髪の毛をバッサーしながら、悪巧みしてニヤニヤする演技が良いなと思っていただけに、ショックを禁じえません。まだ、お若かったのに……。

終わりに

 松野莉奈さんが卒業し、お姉さん役の川辺栞を演じた廣田あいかが転校し、現在、私立恵比寿中学は6人グループとのこと。もう、あの8人の新作が見られないことを思うと、少し泣けてきます(涙もろいので、すぐに泣いちゃいます)。
 せっかくなのでYouTubeにあがっていた私立恵比寿中学の『ジャンプ』という曲のMVを見てみました演劇とは、ぜんぜん雰囲気が違いますが、パワフルで良いですね。何故か5人しかいませんでしたが……。
 最初は、ただ演劇分を摂取したいだけでしたが、新たな世界がちょっと開けて面白く感じました。いいものですね

私立恵比寿中学 『ジャンプ』MV