雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

東京ミステリーサーカス隠し要素『ひみつ喫茶室』訪問レポート

f:id:sinden:20200628112035j:plain
 2019年12月に人知れずオープンし、その場所も存在も伏せられていた『ひみつ喫茶室』に行ってきました。
 5月にその存在が突如として明かされると同時に、コロナの影響から閉店が告知され、知らなかったひとにとっては青天の霹靂だったことでしょう。先日、なんとなく予約して、訪問することができたのでネタバレにならない範囲でレポートします。

その存在について

 そもそも、ひみつ喫茶室という存在については、今年の1月に知りました。
 とある筋から招待状をいただき、それ以来、1月、2月と東京ミステリーサーカスを訪れる度に、必死に探索を続けていたのですが、その影も形も見いだせないまま、コロナの影響で一時閉店され、継続して探す機会を失ってしまっていました。
 しかし、自粛期間中に取っ掛かりを発見し、6月に東京ミステリーサーカスを訪ねた際に、ようやく発見し、予約する権利を得たのです。
 早速、予約を入れ、なんとか閉店前に滑り込むことができました。

店内の様子

 ひみつ喫茶室は、公開してOKな情報とNGな情報が多く、あんまり語ることができないので、撮影した写真を、そっと何枚か載せることにします。
f:id:sinden:20200628112730j:plain
f:id:sinden:20200628112158j:plain
f:id:sinden:20200628112233j:plain
f:id:sinden:20200628112338j:plain

とある音楽家の残した手記

f:id:sinden:20200628112802j:plain
 ひみつ喫茶室では、店内のみで遊ぶことができるカフェ謎として『とある音楽家の残した手記』という謎解きが提供されていました
 時間内に解ききることができなかった場合は、謎解きキットを持ち帰り、次回訪問時に再開できます。
 せっかくなので挑戦しましたが、後、2工程ほど……というところで予約時間がいっぱいとなってしまい退店することに。なんとか物語の終わりを見たくて、閉店前に、もう1回、訪れられないかと思ったのですが、もう閉店日に至るまで予約でいっぱいで、物語の終わりを見る機会は、永遠に失われた様子です。心の底から残念です。

■『とある音楽家の残した手記』
こちらのミステリーは「ひみつ喫茶室」店内でのみ解くことができるミステリーとなるため、閉店に伴い販売を終了します。お手元に謎解きアイテムをお持ちのお客様も、閉店後は解くことができなくなります。予めご了承ください。

https://mysterycircus.jp/topics/6968

一緒に訪問したぺこらさんの感想

閉店のお知らせがなかったら、気づけなかったね!

え、そうだったの?

そうだよ! 私、あれを見て、本気で探そ! って思って、がんばったの

ぼくらが、東京ミステリーサーカスでうろうろしてたとき、ぺこらさん本気じゃなかったの……?

そういうわけじゃないけど……まあ、でも見つかって良かったよ。閉店しちゃう前に行けて良かったね。ナポリタンも美味しかったよ。後、けっこうお客さんいたね

まあ、予約でいっぱいだからね。コロナ前は、もう少し席と席との間隔が狭くて、もっと人を入れられる体制だったかもね

カフェ謎、終わらなかったねー。食べる前に解けば良かったね

仕方ないよ、店員さんも忙しかったんだよ。調理されたナポリタンに罪はないよ

後、何分くらいあったら解けてたかな?

帰宅して5分で最終工程まで見いだせたから、現地で10分あれば良かったね。悔やんでも仕方ないから、もう忘れよう……!

終わりに

 非常に居心地の良い素敵な空間だっただけに、コロナの影響を受けて失われてしまったことは残念でなりません
 初回の訪問だったので、与えられたものや目に見えている範囲だけを楽しんでしまいましたが、きっと店内には、さらなるひみつが隠されていたのではないかと妄想します。いつの日か、また人知れず開店することを祈るばかりです。