雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

柊 (CCCD)

柊 (CCCD)

 灰色の世界に朱色だけが色彩を放っている。その発想は誰でも容易に得られると思うけれど、ここまでナチュラルな美しさを演出するのは中々、難しいのではないかな。2003年の冬は『柊』や『掌』、自分の心を叩くものが多かったように思う。曲の節目に挟まれる、昆虫の鳴き声にも似た、金属の軋む音が好き。