雲上ブログ〜謎ときどきボドゲ〜

オススメの謎解き&ボードゲーム&マーダーミステリーを紹介しています

映画

10年を経て「お前たち」を肯定する『劇場版 輪るピングドラム』の感想(ネタバレあり)

幾原邦彦監督による映画『RE:cycle of the PENGUINDRUM』の「[前編] 君の列車は生存戦略」と「[後編] 僕は君を愛してる」を見ました。 感想を不用意に語ってしまうとネタバレに抵触しそうなので、ネタバレありと初めに宣言しておきます。

神奈川県内のミニシアターで見るショートフィルムの世界

5月28日から29日にかけて、かながわ映画部(仮)の企画としてBrillia SHORTSHORTS THEATER ONLINEとのコラボレーション『トーク付き上映企画』が開催されました。 見た作品の感想を書きます。

過去の想いが未来を繋ぐ『劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の感想(ネタバレなし)

4月15日に封切られたシリーズ最新作『劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を初日に見てきました。 非常に素晴らしい作品だったので感想を書きます。具体的なネタバレはしていませんが、公開されているストーリーには触れているのと、雰囲気バレはあるかも…

主演大泉洋という時点でお察し『新解釈・三國志』の感想(ネタバレあり)

福田雄一脚本、大泉洋主演による映画『新解釈・三國志』を見ました。 あまりにも予想通りでありながら、永遠に見ていられるような気楽さで楽しかったので少し感想を書きます。内容に言及しているので、気になる方は回れ右推奨です。

2021年に見て面白かった映画ベスト5

皆さん、こんにちは。 今日は昨年1年間で見た映画のうち、面白かったベスト5を紹介します。

AIと人間の対話を描いたアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』の感想(ネタバレなし)

『イヴの時間』や『サカサマのパテマ』を手掛けてきた吉浦康裕監督による最新作『アイの歌声を聴かせて』を見ました。 非常に素晴らしい作品だったので感想を書きます。 尚、より多くの方に見ていただきたい傑作なのでネタバレには配慮します。雰囲気バレは…

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の感想(ネタバレあり)

アマゾンプライムで『カジノ・ロワイヤル』から『スペクター』まで駆け抜けて、ギリギリ間に合いました。 と言うわけで映画館で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を見てきました。ネタバレありで感想を書きますので、ご容赦ください。

映画『007 スペクター』の感想

シリーズ24作目にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた4番目の作品『007 スペクター』を見ました。 ネタバレありで感想を書きます。

映画『007 スカイフォール』の感想

シリーズ23作目にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた3番目の作品『007 スカイフォール』を見ました。 ネタバレありで感想を書きます。

映画『007 慰めの報酬』の感想

シリーズ22作目にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた2番目の作品『007 慰めの報酬』を見ました。 ネタバレありで感想を書きます。

映画『1917 命をかけた伝令』の感想(ネタバレあり)

サム・メンデス監督によるアカデミー賞の撮影賞、視覚効果賞、そして録音賞に輝いた『1917 命をかけた伝令』を見ました。 素晴らしい作品だったので感想を書きます。

映画『インターステラー』の感想(ネタバレあり)

クリストファー・ノーラン監督によるSF映画『インターステラー』を見ました。 好み一直線な映画だったので感想を書きます。ネタバレありです。

映画『007 カジノ・ロワイヤル』の感想(ネタバレあり)

ダニエル・クレイグ主演のジェームズ・ボンドが活躍する映画『007 カジノ・ロワイヤル』を見ました。 面白く感じつつ、すこしふしぎにも感じましたので、007初心者として素直な感想を書くことにします。ネタバレありでのご容赦ください。

アニメ『鬼滅の刃』の感想(ネタバレあり)

アニメで『鬼滅の刃』の「竈門炭治郎 立志編」と「劇場版 無限列車編」を見ました。 非常に面白かったので、感想を書きます。

映画『83歳のやさしいスパイ』の感想

テレビで見た宣伝映像に興味を覚えたので、久しぶりに映画館に足を運び観てきました『83歳のやさしいスパイ』。 第93回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた作品で、1時間29分の作品です。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の感想(ネタバレあり)

コロナの影響を受けて、封切りが1年延期となっていた劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』を初日に見てきました。 色々と思うところがあり、もやもやを抱えながら感想を書くことにします。ネタバレあり、かつ褒めていないのでファンの方は回れ右推奨です。

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の感想(ネタバレあり)

庵野秀明監督による映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見てきました。 一部の方にとっては、並々ならぬ思い入れがある作品でしょうが、私にとってもそうです。正直なところ見る前は、見終えた後に語ることがあるかどうか不安だったのですが、見終え…

映画『名探偵コナン 緋色の不在証明』の感想

赤井一家の初登場シーンを中心に、TVアニメシリーズを再構成し『名探偵コナン 緋色の弾丸』に至る軌跡をまとめた『名探偵コナン 緋色の不在証明』を見てきました。 思いの外、良かったので『緋色の弾丸』を見る予定の方には、とてもオススメです。

映画『THE ORINGPIC』の感想

前田司郎監督による配信映画『THE ORINGPIC』を見ました。 なんだかよく分からない異形なる怪物のような作品でしたが、そっと感想を書きます。

2020年に見て面白かった映画ベスト5

皆さん、こんにちは。秋山です。 今日は2020年に見た映画の中から面白かった10作を紹介します。

劇場版『ペルソナ3』の感想(ネタバレあり)

2013年11月から2016年1月にかけて封切られた劇場版『ペルソナ3』こと『PERSONA3 THE MOVIE』を見終えたので感想を書きます。 ネタバレしていますので、ご注意ください。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の感想(ネタバレあり)

ゲイル・マンキューソ監督による映画『僕のワンダフル・ジャーニー』を見ました。 ネタバレありなので、未視聴の方はお気をつけください。

映画『罪の声』の感想(ネタバレあり)

塩田武士の小説『罪の声』の映画版を見ました。 ネタバレありの記事ですので、未読の方、これから見る予定の方はお気をつけください。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』3作を一気に見たので改めて語りたい(ネタバレなし)

秋山真琴です。アマゾンプライムに登録されたので、よい機会だと思い『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の現時点で公開されている『序』『破』『Q』を一気に見ました。 ネタバレなしで語ります。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qメディア: Prime Video

イマジナリーフレンドはヒトラー『ジョジョ・ラビット』の感想(ネタバレあり)

第92回アカデミー脚色賞の受賞作『ジョジョ・ラビット』を見ました。 見る前は「どうかな?」と思っていましたが、けっこう、しっとりとした作品で、心に染み入るようなエンディングが良くて、好きになりました。ジョジョ・ラビット (字幕版)発売日: 2020/05…

文学読みの視座から『パラサイト 半地下の家族』を語る(ネタバレあり)

第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールの受賞を果たし、第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』を観ました。 特に、後半の展開が賛否両論を呼んでいると聞いていましたが、まっ…

観たい映画をひたすら羅列する

アカデミー大賞に輝いた賛否両論の話題作『パラサイト 半地下の家族』が、Amazon Prime Videoから配信開始されましたね。400円で観られるのは、とても手頃なので、今度、時間を作って観ようかなと思う次第です。 しかし『パラサイト』以上にあれも観たいし、…

妻を殺した記憶を持たない男のループする死の1日『残酷で異常』の感想(ネタバレあり)

ほらボド! のmomiさんがTwitterで褒めているので見てみました『残酷で異常』。 と言うわけで、ここが面白かった! です!! というお話。ネタバレありなので、まだ見てないひと、ネタバレ受けたくない方は、どうぞ、今が回れ右する最後のチャンスです!!(…

三谷幸喜の描く群像劇『THE 有頂天ホテル』の感想(ネタバレあり)

ずっと観たいと思いつつも、なんとなく敬遠してしまっていた三谷幸喜監督による『THE 有頂天ホテル』をようやく観ました。 めっちゃ良かったです。THE 有頂天ホテル発売日: 2013/11/26メディア: Prime Video

死後に評価された男の人生『イミテーション・ゲーム』の感想(ネタバレあり)

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観ました。 非常に感動的で、グッと来たので少し思ったことを書くことにします。イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(字幕版)発売日: 2015/10/02メディア: Prime Video