雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『S-Fマガジン 2004年04月号』

 冲方丁マルドゥック・ヴェロシティ Prologue & Epilogue」を目当てに読みました、S-Fマガジン 2004年04月号』。『マルドゥック・ヴェロシティ』のプロトタイプを垣間見えることが出来て、面白い読み物だったと思います。『マルドゥック・ヴェロシティ』既読のひとは、なんとかして入手して読み比べると面白いと思います。……と言うわけで、これにて怒涛の冲方丁月間は終了です。明日からはまたミステリとライトノベルに戻ろうと思います。以下、感想抜粋。全文はこちら

 元々、このキャラはこのように構想されていたのか! という本編を既読の人間のみが味わえる感動があった。楽しかった。