雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

TAT-HONに行ってきましたよ日記

 TAT-HONなる、こじんまりとした、オリジナルオンリーの小説にやさしい即売会があると言うので、近所で開催されることもあり、コンビニで日経を買うついでに足を運んでみました。
 色々と本を買ったり貰ったりしたので、一言ずつ感想を書いてみたいと思います。よだかの記『が』「描け」がすごい傑作だったので、うひーうひーと呻きながら読んだら「とうとう」はもっと酷くて、もう半泣きです。半泣きですよ。宵街UNION『MAGNETRON』なんかふしぎテイストで、なんとなく森博嗣。とか思っていたら「テレビを棄てる」の斬れ味が凄まじくて、その次の「展望台で食事」も激烈に面白くて、次のコミティアでは既刊全部買ってしまいそうな予感。SKIPJack『八日目』ナイス幻想! BLなのかなあと思っていたら、八日目の怒涛の展開は恒川光太郎みたいで、好物でした。にしし。ONE『青春病』青春をテーマにした甘酸っぱい短編かと思いきや、学校の怪談。これくらいの短さは良いですね。チョコ文庫『無料版#2』短くてよい感じ。「視界樹物語」が気になりまくリング。しかし、幻想/怪談系が多い気がします。ひっそりブームなのかしら。クソライダー『5次元ロック・ストック・バレル』サイトが見つからなかったので、なんとなくポーンさんのサイトにリンクを張ってみます。売り子にポーンさんが立っていたので買ってみました。読んでみたら、主催(?)の一ノ瀬屠殺彦さんは、「雲上の庭園」第1回募集に作品をご応募いただけた方だし、bothhandsさんも小説で参加していた。面白くないけど面白い一冊でした。あめだま煎餅『ボクと悪魔の正しい関係』今、せっせと読んでますよ。やっぱり文庫はいいですね。うみのたからもの『箱庭の子供たち』素敵なジャケットだったので、うはー、いいなあと思っていたら、それが顔に出てしまったのかとただで頂いてしまった一品。帰って聞いてみると、とても繊細な感じのファンタジカル系。こういうのって心が温まりますね。
 次回は来年とのこと。出ますよ。