雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

Spirit of Wonder

Spirit of Wonder (KCデラックス モーニング)

Spirit of Wonder (KCデラックス モーニング)

 なんだこれは、なんなんだこれは。眩暈を感じるほどに素晴らしい。ここまで物語している、ここまでSFしている漫画を読むのは初めて。ある種の感動さえ感じた。鶴田謙二が一部の人に熱狂的に支持されているのは知っていたけれど、確かにこんな本を出している人ならば、熱狂的な支持を受けないほうがおかしい。いやあ、凄まじかった。