雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

三大ロリ小説の一角にして本格魔法ファンタジィ

円環少女 (角川スニーカー文庫)

円環少女 (角川スニーカー文庫)

 長編シリーズをがっつり読みたいで皆さんの意見を聞いてみたところ長谷敏司円環少女の人気が高かったので、もう今月は残り2日しか残っていませんが円環少女月間、スタートです!!……が、正直に白状しますと1冊目にして挫折しそうな気配が濃厚です。でも、まあ、もうちょっと頑張ってみます。以下、感想抜粋。全文はこちら

 説明不充分であるため今ひとつ作品内世界に入り込むことに苦労するが、一度、入り込むことに成功できたならばかなり面白いことが予想される。『ムシウタ』『都市シリーズ』『されど罪人は竜と踊る』などが好きなひとは一読の価値あり。

 以下、この本を読んだ他のひとの感想。

 けれどまあ面白かったのだ。こんな読みにくい文章であるにもかかわらず読み終えたし、最後の方は結構な勢いでかぶりついていたのだ。

http://d.hatena.ne.jp/kenkaian/20060729/1154184297