雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

清野清『時載りリンネ! 5 明日のスケッチ』

 4巻の短編集が面白かったので、5巻も読んだけれど、やはり惰性感が否めない。今後は短編だけ追おうかしら清野清『時載りリンネ! 5 明日のスケッチ』。以下、感想抜粋。全文はこちら

 前々作「ささやきのクローゼット」の続きとなる長編。リンネが正式に時砕きになったり、久高の祖父が帰国したりと、シリーズとしての動きは多いのだけれど、どうにも惹き付けられなかった。