雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

同人創作文芸アンソロジィ『ゆる本 Vol.16』発行のお知らせ

「気負わず、力まず、ゆるく生きるよ」をモットーとする、創作文芸界で最もゆるい同人アンソロジィ『ゆる本 Vol.16』を発行します。

概要


題名:『ゆる本 Vol.16(A面)』『ゆる本 Vol.16(B面)』
発行:雲上回廊
頒布:第15回 文学フリマ C-43 Quantum EDiter(委託)
日程:2012年11月18日(日)
価格:2冊セットで200円
版型:A5版コピー誌
頁数:A面:32ページ、B面:28ページ
部数:20部

内容

テーマ:はいぱーてきすとぷれい
キャッチフレーズ:旅立ちの朝に、寝坊
掲載作品:
・蒼ノ下雷太郎『はいぱーてきすとぷれい殺人事件』
・氷砂糖『ネガ/ポジ』
添田健一『シュガーボム』
・鵺屋イサイ『屍肉歌い』
・伊藤鳥子『遠心力』
・視紙結『目ざまし時計と「ぼく」と「僕」』
・とにざぶろう『旅立ちの朝に、寝坊』
・長屋言人『それは愛についての考察』
・遠野浩十『奇想曲シャンパン・ボトル・ボソン』
・蒼桐大紀『パラダイムコード』
・佐多椋『無題』
・青砥十『後輩書記とセンパイ会計、半裸の老婆に挑む』
・秋山真琴『その日、アンドレ・ブルトンは』

打ち上げのお知らせ

 文学フリマ終了後、サークルの垣根を越えた合同打ち上げを開催します。
 参加希望者は当日、秋山に声を掛けたうえで、閉会後、C-43の周辺にお集まりください。

【11月19日追記】電子書籍版を公開しました

 パブーにて、電子書籍版を公開しました。100円です。よろしくをお願いします。
http://p.booklog.jp/book/59848