雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

フレイさん宅ゲーム会_2015_0203

 日間賀島からフレイさん宅へと帰ってきたら、何故かテーブル上にツォルキンの準備がなされていました。
 そう言えば、フレイさんに頼まれて、前回のゲームマーケットの際、かんちょーさんからツォルキン用コーンを買っていて、そのコーンを使って遊びましょうという約束があったのでした。
 と言うわけで……。

ツォルキン


(プレイ時間:2時間)
 負けました。
 初めてツォルキンを遊んだとき「数は正義!」とばかりに、ワーカーを増やしまくった結果、最後には飯を食わせるために奔走するはめになり、それ以来、3ワーカーでやりくりする習慣がついていましたが、やはりブレイクスルーのためにはワーカーを増やさなければならないのかもしれません。研究が求められます……。
(ゲルズさん55点、フレイさん44点、秋山37点、くまぁとんさん33点)
 なんか、この点数を並びを見ると、いかにも秋山が空気を読めてないですね。

光より遅く


 ツォルキンの後は光より遅くを4人で遊ぶことに。
 神によって治められた平和で穏やかな地を出奔した、4人の孤独な流浪者の物語でした。

終わりに

 そう言えば、ツォルキンの拡張入りはまだ遊べてないですね。
 機会があればどこかで。