雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

 比較的どうでもいい話なんで、流してもらいたいんですが。こう、フィーリングで言えば、一見さんに判らないサイト運営しているにも関わらず、一見さんを歓迎というスタイルがあまり好きではありません。気持ちの悪い言葉を使えば、倒錯的だと思いますし、偽善的とも思います。初めから内輪向けを意識して、内輪向けに書かれた、内輪向けサイトはまったく問題ありません。そういうサイトを巡回していますし、そういうのが面白いサイトもあります。ですがやはり、内輪向けに書かれているにも関わらず、それを気取っていないのは、やや居心地の悪さを感じます。そしてそれがグルリと一周したとき、馴れ合いが発生するのではないかと思います。で、その段階で内輪向けか否かの問題は消失し、ただそのループだけが残るのではないか。すべてが一緒くたにされて、飲み込まれてしまうのではないか。繰り返しますが、どうでもいい話です。別段、はてなダイアリーがどうのとか、テキストサイトがどうのとか、小難しい話をしたいわけではありません。ただ自分がなんとなく感じただけです。と言うより、こんな感じの思想が下地になっているということを、言いたかっただけです。
 それで、感じたままに述べるならば、自分のサイトやはてなに、意見を書いている人、元さんとクロスレビュ参加者に対し、失礼ではないでしょうか。元さんのサイトを見れば、度々、レビュスレをお使いくださいと書いてある。ええと、具体的には8日の段階で。実際に先ほどレビュスレを見にいきましたが、閑散としている。議論は欠片ぐらいしかない。対してサイトの方に目をやれば、元さん自身がリファラを見て、リンクを貼って、レスを返している。えー、何様ですか?
 まあ、どうでもいいか。よく判らないけど、こういうのはある種の風潮と言うか、気運と言うか、すでにそうなっているみたいですから、自分がとやかく言っても意味ないし、言う必要もないんでしょう、うん。とりあえず自分は、あっちこっちサイトを見て回って、意見を読んで頭の中で再構築して、それを面倒だなあと思いつつ、そう感じるかもしれない他の人たちのためにリンク集でも作ってやるかと動いたわけです。誰かの役に立てば嬉しいですが、別に立たなくてもいいし、そもそも自分は上に挙げている内輪向け文章を書く人間です。と言うか、一見さんどころか常連さんも不要という全力で後ろ向きムーンウォーク疾走。そういうわけですので、よろ。*1
 ちなみにクロスレビュ自体には特に意見なしです。や、本当は時間とって考えて、第七回にも参加したいんですが、既に紅蓮魔さんとの往復書簡用に読んでおかないとならないのが何冊かあって、そっちで手一杯です。つか、『バイバイ、エンジェル』面白いよ! 矢吹駆、カッコいい!
――ああ、比較的どころが真実本当滅法矢鱈粉骨砕身、どうでもいいな。

*1:……と、書いてから思い出した。うんじょーの基本方針は“定めないこと”だった。内輪向けでもなく一見さん歓迎でもなく、そうゆうのは管理人ではなく閲覧者が決めることだと考え至ったんだ。まあ、だから何だと言われても、知るかよって感じだが。