雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

蒼穹のファフナー

蒼穹のファフナー (電撃文庫)

蒼穹のファフナー (電撃文庫)

 アニメのノベライズという位置付けだが、アニメの原案が冲方丁なので、原作と言えないこともない。アニメを全く見ずに読んだのだが、途中までまるで面白くない。キャラの作りは作為的で、展開や会話も今ひとつ。が、最後の数十ページになって、いきなり冲方の本領発揮、作為的と思われたキャラの設定が実は計算されたものであると気付く。特に数字は割り振られていないけれど、続き物なのだろう。むしろ出て貰わないと後味が悪すぎる。