雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

799

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

 面白かった! 本書を勧める人は、何処となく含みを持ったような口調で勧めるので、てっきり駄作、あるいはそれに準じたものなのかと思いきや、ぜーんぜんそんなことはない。面白いじゃん。
 などと、思わず軽い口調になってしまうのは主人公が14歳の女の子だから。文体自体はホワイトハートやコバルトだけど、展開そのものは宮部みゆきに近いかもしれない。最後の一撃もあるし、読みやすかったし、もう大満足。唯一、不満を言えば、本書を読んだ時期。未読の方は、是非、夏の一番暑い日に読んでほしい。