雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『Fate/Grand Order』第1部&第1.5部感想まとめ

f:id:sinden:20191013135102p:plain
『Fate/Grand Order』こと『FGO』やってますか?
 以前は、無料配布の聖晶石が少ないですとか、★5サーヴァントの排出率が低いとかありましたけれど、少しずつ軽減されており、アニメ化もされ、ここに来て、またファンが増えているように感じます。
 ネタバレ全開とはなりますが、この記事では、今までに書いたFGOの感想をまとめていきます。

第1部

 サブタイトルは「Observer on Timeless Temple(オブザーバー オン タイムレス テンプル)」
 2016年を最後に人類は絶滅することが証明された世界において、人類を救うために歴史上に観測された7つの特異点を巡り、これを解決することで人理修復を目指す物語です。
 序章から第5特異点までは少々退屈というか、ストーリーは今ひとつで冗長で、戦闘もフレンドのサーヴァントを借りればなんなくこなせます。第6特異点からは、シナリオに奈須きのこが参加し、俄然、奥行きが生まれ面白くなりますので「FGOをやってみよう!」とお思いの方は、なんとか第5特異点までは耐え忍んでください。
 必要であればフレンドになりますので、アルジュナオルタや源頼光をお使いいただければと思います。Twitterからお声掛けください。








第1.5部

 サブタイトルは「Epic of Remnant(エピック オブ レムナント)」
 人理修復を成し遂げ、2017年を迎えることができたカルデア。平穏が訪れたかのように見えたが、近現代を中心に、これまでの特異点と同レベルの特異点「亜種特異点」が発生したのだったという第1部と第2部をつなぐストーリー。
 イメージ的には『月姫』に対する『歌月十夜』みたいな位置付けかしら。ちょっと違うかな?



終わりに

 と言うわけで、今までに書いた感想のまとめ、でした。
 この他にもイベント各種の感想も書いていますし、第2部の感想も書いているので、それらも機会を見てまとめようと思います。