雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

846

砂楼に登りし者たち (ミステリ・フロンティア)

砂楼に登りし者たち (ミステリ・フロンティア)

 戦国時代を舞台に、歴史とミステリを融合させた四編の連作短編集。
 残念ながら、今ひとつの出来。四人の鎧兜で素性を完全に隠した側近に守られる中、姫が消失するという最初の一編だけ面白かったが、後は瑕疵が多く、また探偵役と助手役だけが妙にキャラクタライズされているのも不満。個人的には三編目「大和幻争伝」には少し笑ってしまった。忍者と僧兵による戦いの最中に使われた忍術や幻術をトリックに、探偵役がそれを暴くという形式を取っているのだが、いやあ、素敵な伝奇だった。