雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

1289『連射王 下』

連射王〈下〉

連射王〈下〉

 物語そのものよりも、川上稔の生き方──人生や世界の捉え方にこそ、感嘆した。