雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

大人気ドラマ『ガリレオ』の原作を読んでみました

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

 東野圭吾による探偵ガリレオを読みました。ドラマから入った身としては、やはり読みながらついついドラマと比較してしまうのですが、結論としてはドラマ版の方が面白いなと感じました。機会があれば、実際に比較検討してみたいと思います。以下、感想抜粋。全文はこちら

 端的に言って、至極真っ当で端整なミステリ。特に衒いも穿った箇所もなく、不可解な(オカルティズムな)事件が発生し、これに物理学的な推理を当てて解決するという連作短編だ。草薙刑事も湯川助教授の造形も、必要最低限といった感じで、特に人間性は感じられない。トリックのための作品という端整なミステリである。