雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

12ヶ月完走お疲れ様!刀語の最終巻♪

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

 素晴らしかったです、大傑作でした。読みながら何度、泣いてしまったか覚えていません。半リアルタイムではありましたが、追っていてほんとうに良かったです。感動をありがとう、みたいな感じです。実に気持ちのいい、終わってしまうことに悲しみを覚えるぐらい素敵な最終巻でした、西尾維新刀語 第十二話 炎刀・銃』。以下、感想抜粋。全文はこちら

 迷いなく、惑いなく、素晴らしい最終巻であった。なんの衒いもなく、真っ向から斬りかかってきたのに、いなすことも出来ずに、そのまま斬り伏せられてしまった。だって、こんなにも真っ直ぐに来るだなんて予想だにしなかったのだ。もっと小手先のテクニックが張り巡らされて、せかいが崩落するような新事実が明かされて「なんじゃこりゃー!」と叫ばせて、壁に叩きつけざるを得ないような展開が来るかと思っていたのだ。それが、こんな……こんな正々堂々とした最終巻だっただなんて。反則……ではないか。

 以下、この本を読んだ他のひとの感想。

 あー、うゎー。もしやまさか。予想される展開ではあったが、期待したくはなかった、この展開は。それでも、読み終えてみればこのラストしかありえないような気がしてくるから不思議。

http://d.hatena.ne.jp/pnu/20071204/p1

 もうね、ちょっと冷静に語れないくらいよかった。
 ラブ!西尾維新ラブ!

http://d.hatena.ne.jp/angeltalktik/20071204/1196776866

 ああ自分はこのシリーズ追いかけてよかったなぁ、と清清しく読後の感傷に浸っている自分がいる。
 誰がなんと言おうと、この物語にふさわしい、そうそうたる幕切れだった!、と自分は思う。

http://d.hatena.ne.jp/Gen9/20071205/1196858410

 七花が今までで一番カッコよかった!困ったことに。
 というか初めてカッコイイと思った!困ったことに。

http://d.hatena.ne.jp/inabaniina/20071205