雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『オマケ・ノベル』第6号に寄稿しました

魔法少女サカナ』や『国都の剣』で知られる、サカナ・ノベルの冬の新作『オマケ・ノベル』第6号に「FAREWELL DYSTOPIA / Boy meets World's End Girlfriend」という短編を寄稿しました。

『オマケ・ノベル』というのは、気鋭の同人シナリオライターが書いた短編小説を一冊にまとめた、同人ノベルゲーム界においてもっとも有名(と思われる)アンソロジィです。公式では以下のように説明されています。

Q:そもそも、オマケ・ノベルってなによ? ゲーム集?
A:違います。オマケ・ノベルは同人ノベルゲームサークルのシナリオさんが集まって作る「小説誌」です

http://www.sakananovel.com/omainfo/oinfo06.html

 また、このページでは秋山の作品もかんたんに紹介されています。以下、引用します。

山に囲まれ孤絶した鍋底市。「月に一度の定期健診ってさあ。なんの意味があるのかなあ?」と巨乳のにゃー子の問いかけから、俺の運命は回転した。隔絶した世界、そして雪。異形の世界を旅するソルトハートファンタジー、

http://www.sakananovel.com/omainfo/oinfo06.html

 コミックマーケット73の3日目(月)西め11aにて頒布予定とのこと。参加を予定されている方は、ひとつよろしくお願いします。