雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第12回「杏談亭」レポート

 2月8日は東京都神奈川県大和市で定期開催されているゲーム会「杏談亭」の最終回でした。
 主催のナフタレンさんが名古屋に引っ越しされるというのが終わりの理由です。杏談亭には、前々から訪問したいと思っていましたが、なかなか日程が合わず、しかし最後まで出られないのは良くないだろうと思って、なんとか都合をつけました。
 最後ならば参加したいとのことで、多くの方が集まった様子で、けっこう盛況でした。

ローリングジャパン


(プレイ時間:30分)
 到着後、ふらふらしていたら河原さんに『ウボンゴ』を誘われましたが、他に浮いている方がいたので、きめろうさんを誘って『ローリングジャパン』を立てることに。
 OKAZUさんのゲームマーケット新作ですが、エッセンにも持って行かれたということで、ゲームとしての完成度は、かなり高めです。よく出来ています。それにしてもシダマさんは、盛り上げ上手ですね。
(さきさん11点、秋山11点、きめろうさん12点、シダマさん15点)

コルトエクスプレス


(インスト:20分、プレイ時間:50分)
『ローリングジャパン』を終えてふらふらしていたら、おがわさんに誘っていただいて、最近、人気の『コルトエクスプレス』を遊ばせてもらうことに。
 ローゼンベルクの『マンマミーア』方式なので、ある程度、カウンティングすれば、他プレイヤが何をするかは分かるので、未来の状況を思い描きながら、手を打っていくようなゲーム。遊んだことはないですが『スペースアラート』も同じような構造なのでしょうか?
 遊んでいるときは長井さんが選択したゴーストというキャラが強いなと思ったのですが、結果としては、とにかくあらゆる攻撃を避けるまちこさんの選んだキャラが強かったですね。
(まちこさん2750点、秋山2650点、長井さん1800点、さきさん1000点、おがわさん800点)

光より遅く


 ゲーム会の度に遊んでいる『光より遅く』をここでも。
 最初は杏談亭が最終回なので「杏談亭を旅だったボードゲーマーたちは〜」みたいなストーリーにしようかと思ったのですが、まちこさんから強い反対を受け「吹雪の山荘、一夜開けて下山した登山者たちは〜」みたいなストーリーになりました。
 そして、まさかの血と呪いに彩られた物語へ発展するのであった……。
(遊んだひと:おがわさん、まちこさん、さきさん、秋山)

ごいた


(プレイ時間:20分)
 もう1ゲーム遊んだら帰ろうかなと思っていたら、『コルトエクスプレス』を一緒に遊んだ長井さんからごいたに誘われて、一も二もなく。
 いやはや接戦でしたね。最後は、まちこさんの豪運に押し切られました。
(長井さん&まちこさん160点、秋山&おがわさん140点)

終わりに

 一緒に遊んでくださった方や、知り合いにお礼を述べて、そそくさと退散。
 外に出ると雨が降っていて、急いで駅に向かおうと思ったら、ちょっと道を間違えるという凡ミス。まあ、Ingresは捗りました。