雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

デモンズソウルを遊ぶためにPS3をポチりました

 題意の通りです。
 最後に据え置き機を買ったのはPS2なので、とても久しぶりです。まだ、ポチっただけで届いてないので、デモンズソウルも遊んでいないわけですが、早くも「ハードが届いたら、どんなソフトでも遊べるぞ! よし、どんなソフトがあるのか調べておこう!!」とテンションが上がります。

PlayStation3 チャコール・ブラック 500GB (CECH4300C)

PlayStation3 チャコール・ブラック 500GB (CECH4300C)

PS3 オススメ、でググってみた

 なんか、あれですね。
 映像が美麗で、操作が難しい系のゲームが多いという印象です。
 以下、面白そうだと感じたゲームを備忘録代わりにメモしておきます。
風ノ旅ビト
ワンダと巨像
FolksSoul -失われた伝承-』
HEAVY RAIN 心の軋むとき』
エンド オブ エタニティ
 以上。

雑感

 あまり惹かれるタイトルがないですね、正直なところ。
風ノ旅ビトワンダと巨像は、いずれもキリンさんの実況動画を最初から最後まで見てしまったので、オチまで含めて知っていますが、それでもあの綺麗さは、ちょっと自分で体感してみたいかなと。

ワンダと巨像

ワンダと巨像

FolksSoul』、『HEAVY RAIN』、『エンド オブ エタニティはググってみて、初めてその存在を知りましたが、ちょっと面白そうですね。特に気になるのはHEAVY RAIN。印象的なパッケージもさることながら、誘拐事件殺人事件を巡り、4人の主人公が謎を追うというストーリーが魅力です。操作に失敗して、主人公が4人とも死んでも、エンディングまで見ることができるというシステムも、気になるところです。こういうマルチエンディングは、ついつい全部、見てみたくなります。これは、多分、買って遊ぶことになるような気がします。

その他

 PS3の名作としてはThe Last of Usが挙げられることが多い様子ですが、これは、実況で全部、見てしまったことに加え、操作難易度が高そうなので、ちょっと敬遠気味です。
 後は『大神 絶景版』でしょうか。これも、実況を見てしまったので……こうして書くと、我ながら、案外、ゲーム実況プレイ動画を見ているなあ、と。

ところでWiiに目を向けると

 おもむろに「Wii オススメ」で検索してみたら、こちらの方が面白そうなゲームが多いですね。ゼノブレイドを筆頭に、ラストストーリー』、『パンドラの塔など評判の高いRPGが多く、朧村正』、『スーパーマリオギャラクシー』、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスあたりも気になります。今ならWiiではなく、WiiUを買えば、Wiiのゲームも遊べますし、スーパーマリオメーカーも遊べますね。

困ったときのアトラス

 そんな感じで、色々とページを見ていると、広告欄に、ちょいちょい真・女神転生4 FINAL』の公告が出てきて、「んー、全作『真・女神転生4』の終盤から物語が始まって、その先が語られるとなると気にはなるけれど、今は、ちょっと悪魔合体の気分ではないし、『真・女神転生4』が物語的には不完全燃焼だったから、FINALとか言われても、ちょっと不安が……」と思いつつも、アトラス自体は好きなメーカーなので、ちょっと見てみたら、
オーディンスフィア レイヴスラシル』
ドラゴンズクラウン
 あたりは気になりますね。
 特にオーディンスフィアは前々から気になっていたタイトルなので、そのリメイク版は、遊んでみたいかなと。あー、でも、PS3版だけでなく、PS4版も出てるのですね。この場合、PS4版の方がグラフィック等は良かったりするのかしら。それだったら、いずれ『ダークソウル』のためにPS4を買ったときに取っておいても良いかも……?

オーディンスフィア レイヴスラシル - PS3

オーディンスフィア レイヴスラシル - PS3

 後、ドラゴンズクラウンはサイトの作りが非常に良いですね。
 ゲームブック愛が、凄まじい勢いで刺激されます。と言うか、これ、しんざきさんが、以前にブログで絶賛していたタイトルですか。

・「剣と魔法の正統派ファンタジー」感がものすごい。世界観から語り口まで、もう超D&Dだしスティーブ・ジャクソン
・ゲーム自体の流れは、「町で色々準備して、ダンジョンにいって、探索しつつ敵を倒して、ボスをぽてくりまわして帰ってくる」「戦利品を鑑定すると武器や防具が手に入る」。
・このWizardry風味すばらしい。

http://mubou.seesaa.net/article/370879317.html

 むむむ! 気になる……!

ドラゴンズクラウン - PS3

ドラゴンズクラウン - PS3

実況プレイ動画について

 せっかくPS3のゲームを遊ぶのだから、途中で飽きるかもしれないけれど、実況プレイ動画を作ってみたい!! と思い立ちました。
 が、必要なものを知って愕然。実況プレイ動画って、基本的には、ゲーム機とPCをキャプチャーボードで接続し、PCの画面を録画しながら、音声を録音することで作っていたのですね。なんとなくテレビに対して何かをくっつけているのかと思いきや、テレビは使う必要がなかったと……。そう言えば、ときどきSkype音が入る動画とかありましたね。
 今、使っているPCは、2010年に買ったもので、そろそろスペック的に厳しいところがあるので、動画を編集するとなると、買い換えたいところです。でも、普段使いのためには問題ないので、実況のためだけに買い換えるとなると……。しかも、実況プレイ動画なんて、投稿しても、どうせほとんど見られないだろうし、自己満足感が高いとなると、お金を掛ける必要があるのかと……。
 そもそも実況プレイ動画と言うのは、実況する本人の面白さもさることながら、魅せるプレイだとか、見やすい編集だとか、そういう細かいところに気を配らないと再生数が稼げないものと聞きます。後は、ちゃんと継続して発表することでしょうか。いずれにしても、けっこうな時間が掛かります。おそらく普通にプレイする以上に時間が掛かることでしょう。だいたい遊べるのは、平日夜だとか、週末しかないので、その貴重な休みを使って編集するくらいなら、むしろゲームをふつうに遊びたいです!
 これは、あれですね。来世に期待ですね。あるいは、老後ですね。リタイア後に「退職したら暇になったので、思い出のゲームを実況」とかいうタイトルで、FF6ロマサガ2の実況プレイ動画でも出すことにしましょう。

実況プレイ動画について、その2

 ゲーム機とテレビの間に挟むGame Capture HDなる製品もある様子ですね。
 価格はAmazonで1万5千円くらいでしょうか。PCを買い換えることを考えると、圧倒的に安価に実現できそうです。うん……これは……悪くないですね。
 何よりもお手軽さが魅力です。これくらいのお金を出すと、中古のPS3がもう1台、買えそうな気がしますけれど、来世や老後を待たなくても、投稿できるのが魅力です。

Elgato Game Capture HD

Elgato Game Capture HD

終わりに

 いやー、わくわくですね!
 ゲーム機ひとつ買うだけで「あれもできる、これもできる」と夢が膨らみます。
 実況プレイは、どうしましょうかね。Game Capture HDを買えば録画の工程は、大幅に楽ができますが、結局、編集という工程と、投稿し続けるという工程は、どうあがいても削減できませんからね。
 わりと飽き性なところがあるので、ゲームを遊ぶときは「飽きるまでにクリアしなければ!」という、ある種、タイムアタックみたいなことを自らに強いているんですよ。編集したり、投稿したり、余計なことをしていると、そこで時間リソースを使いきってしまいそうで怖いです。
 後、『デモンズソウル』は操作が難しそうなので、実況しながら遊ぶのには不向きかもしれないので……と、ここまで書いて思いましたが、『デモンズソウル』の次に遊びたいと思っている『風ノ旅ビト』も『ワンダと巨像』も『HEAVY RAIN 心の軋むとき』も『ドラゴンズクラウン』も、いずれもアクションの要素が含まれているので、とても遊びながら話すとか出来ないかもしれません。まあ、とりあえず『デモンズソウル』をやってから考えるとしましょう……。