雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

SCRAPの東京ミステリーサーカスに開店初日に行ってきました


f:id:sinden:20171219195906j:plain
 題意の通りです。
 こんにちは、秋山です。
 10週年を迎えたSCRAPが満を持して、新宿の一等地に出店した『東京ミステリーサーカス』に開店初日に行ってきました。


 リアル脱出ゲームで知られるSCRAPは、今までルーム型脱出の常設店であるアジトや、ホール型脱出の常設店であるヒミツキチを拠点として持っていました。しかし、リアル脱出ゲームは「一度、遊んだら二度と遊べない」という原則上、アジトにせよ、ヒミツキチにせよ、そこで体験できるリアル脱出ゲームを体験し終えてしまったら、ユーザ的には言ってみれば存在しないも同然の空間でした。
 もちろん、提供している公演が入れ替われば、再び訪れるわけですが、一度、行ってしまえばそれっきりです。
 敢えて言えばアジトの集合体であるナゾビルは、提供している公演数が多いので訪問回数は多いですが、あくまで回数が多いだけです。


 東京ミステリーサーカスは、従来の施設が抱えていた顕在的/潜在的な課題の多くを解決し、同時に多くの可能性を秘めた施設だと感じました。


 ポイントを列挙すると、以下の通りでしょうか。


・繁華街にあるので訪問しやすい。
・60分公演以外に周遊謎やカフェ謎を提供しており、ふらりと訪ねても暇しない。
・カフェやショップが入っており、カフェ利用だけ、ショップ利用だけでも訪問しやすい。
・頭より体を使うリアル潜入ゲームもあるので、頭脳派より肉体派な友人も誘いやすい。


 一言にまとめると敷居を下げる工夫が随所にあるです。


 そして、リアル捜査ゲーム『歌舞伎町探偵セブン』や『ミステリーメールボックス』、そしてショップで販売している持ち帰り謎を含めると、1日どころか、2、3日かけても遊びきれない充実を通り越して膨大なコンテンツ量も大きな魅力でしょう。


 秋山が訪問したのは、12月19日(火)の20時という、ド平日の遅い時間でしたが、多くのお客さんで各階はごった返しになっていて、凄まじい熱気と活力を感じました。
 今週末は、日本各地からプレイヤが集まることでしょうし、さらに、すごいことになりそうですね。
 正直、行くギリギリまで、


「最近のSCRAPって微妙なところがあるよなあ」


 と不安を抱いていたのですが、施設としての完成度と、その場にいた様々なひとの想いに感化されて、今では、


「うおおおお、『歌舞伎町探偵セブン』全部やりたい!! 先着777名限定ピンバッジ欲しい!!!!!」


 となっています。


 人が、あまりに多くて、配慮しながらでは、あまり撮れなかったのですが、何枚か写真を撮ったので、以下、紹介させてください。

f:id:sinden:20171219195906j:plain


 まず、正面から見たところ。
 夜間は店名が大々的にライトアップされていて、インパクトがありますね。


f:id:sinden:20171219195836j:plain


 横手はこんな感じです。映画館っぽい。
 この「映画館っぽい」は入店してからも思ったのですが、チケット販売の受付が、まさに映画館のフォーマットなんですよね。
 ディスプレイには、各公演の空き状況がリアルタイムで流れていて、その場で、これから遊べそうな公演を確認できるシステムが、とても優れています。

f:id:sinden:20171219195949j:plain


 自動ドアをくぐると、奇遇にもマスコットキャラのくまっキー団長がいる時間帯で、触れ合うことができました。
 鼻の部分は鍵穴になっていて、写真では分かりにくいのですが、ほんとうに穴が空いています。ここから指を突っ込めば、中の人に触ることができるのでは? と思い、手を伸ばしてみたら、無言でチョップを食らいました。お触り厳禁みたいです。

f:id:sinden:20171219200212j:plain


 こちらはカフェエリア。
 くまっキーかき氷が目を引きますね。
 けっこう寒かったので食べることはしませんでしたが、名古屋から来ていたケイさんがソファエリアで食べていて「美味しいよ! オススメ!!」とのことでした。
 多分、ずっと中にいると、じょじょにテンションが上がってきて、かき氷を体が欲するのかもしれません。

f:id:sinden:20171219200327j:plain


 ショップエリアには、こんなものもありました。
 SCRAP少年探偵団というのは、いわゆるファンクラブで、公演のチケットを先行予約することができたり、団員限定のWebラジオやコンテンツがあります。

f:id:sinden:20171219200609j:plain


 他にも、こんなオリジナルグッズが販売されていました。

f:id:sinden:20171219224836j:plain


 この日は『惑星オリオンからの脱出』と『ある刑務所からの脱出』を遊んでから帰りました。
 一通り楽しんで帰る頃には、22時半くらいでした。施設としては23時閉店のため、さすがに1階からはお客さんの数が減っていましたが、それでも公演を終えたばかりの方々が、ドリンクを飲みながら楽しそうに談笑していました。


 次は、今週末土曜日に再訪予定で『沈みゆく豪華客船からの脱出』、『リアル潜入ゲーム 最終兵器ヲ破壊セヨ』、『歌舞伎町探偵セブン』をプレイ予定です。余裕があれば『ミステリーメールボックス』も遊んでみたいですね。


 最後に……ひとつだけ。
 店名についているサーカスですが、果たしてピンと来ませんでした。
 てっきりピエロとかいるのかなと思ったのですが、どこにも見当たらず、店員さんの制服も、どちらかと言うとホテルマンみたいで、サーカス感はなかったです。
 全体的に映画館っぽいですし、東京ミステリーシアターとかの方が良かったのでは? と思いました。