雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

はたらくさんの魂を漂白し来世でも社畜になってもらおう『Perfect White』遊びました

f:id:sinden:20180213200540j:plain
 鳴海製作所娯楽部さんのゲームマーケット2017秋の新作『Perfect White』を遊びました。
 いやはや、凄まじいブラックさですよ。
 ルールブックを読んで、あっけにとられました。そして、笑いました。


 ジャンル的には、何なのでしょう。
 ゴーアウト系セットコレクションとでも言えば良いのでしょうか。
 よく分かりません。
 よく分かりません……が!
 気にしたら、負け。
 そんなゲームでした。


f:id:sinden:20180109201600j:plain


 プレイヤは神となり、はかなくなってしまったことによりようやく個を取り戻し始めたもうはたらけないはたらくさん、通称はたらくさんのホワイト満足度をアップさせ、シャイニング・ソウル・ステージに立たせ、そこでさらに漂白することでPerfect Whiteとなり、再び社畜となりはたらける魂となり転生できるようになります。
 最初に管理下のはたらくさんを、すべてPerfect Whiteにしたプレイヤが勝利します。


 考えてはだめです。
 感じるのです。


 というわけで、


「なんだか、すごいゲームですねえ」


 と背筋がゾワゾワするのを感じながらプレイ開始。
 と言っても、実際にやることをダイスを振って、出目に応じてカードをプレイして、出目が悪ければカードを補充、これだけです。


 ゲーム的には、どうなんでしょう。
 でも。
 でもですよ。
 面白いかどうかと聞かれたら、


 面白いです(にっこり


 少し前から流行っている社畜系(?)のゲームの中では、抜群に面白いですね。
 主に吹っ切れ具合とか、ネタの追求度合いにおいて、他の追随を許しません。
 はかなくなりそうな方にオススメです。

合わせて読みたい

 前作も、めちゃ面白かったです。
www.unjyou.com