雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

消閑の挑戦者 パーフェクト・キング

 デビュー作、シリーズ一作目。
 森博嗣川上稔、後は西尾維新を読んで育ったような作者が作中に見える。天才同士のバトロワを描いたものだが、プログラムと呼ばれる必殺技が幅を効かせすぎているので、今ひとつ個々のキャラクタが発揮されていない。細かいところに目を瞑れば面白いので、そういうのが好きであれば受け入れられると思う。