雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

813

 日日日の書く小説から面白い部分を抽出するとするならば、それは「キャラクタ」という一言に収斂される。その事実が克明に明かされてしまった一作。はっきり言って、本書は日日日著作の中では群を抜いて面白くない。恐らくその理由は、キャラクタの凡庸さが理由だろう。キャラクタに魅力がないだけで、こうも小説として面白くなくなるものかと驚愕した。
 思うに、この小説は一般小説として書かれたのではないだろうか。レーベルが新風舎であることも少なからず影響しているかもしれない。故に、破天荒でいかにもライトノベル的なキャラクタ性は排されたのかもしれない。しかし、だとすれば本書はコバルトやホワイトハートにある良質な恋愛小説の足元にも及ばない。やはり、或いは、まだ。日日日ライトノベルという領域においてしか光り輝くことができない。
 ただ、このタイトルは日日日著作の中ではベストである。