雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第137回芥川賞&直木賞候補作発表

第137回芥川龍之介賞候補作品

著者 題名 所収
円城塔 オブ・ザ・ベースボール 文學界六月号
川上未映子 わたくし率 イン 歯ー、または世界 早稲田文学
柴崎友香 主題歌 群像六月号
諏訪哲史 アサッテの人 群像六月号
前田司郎 グレート生活アドベンチャー 新潮五月号
松井雪子 アウラ アウラ 文學界三月号

 候補作6作のうち柴崎友香は2回目、松井雪子は4回目のノミネート。他は全員、初と新しい面子が目立ちますね。特に円城塔諏訪哲史はそれぞれ、第104回文學界新人賞受賞作・第50回群像新人文学賞受賞作でのノミネートで、これが受賞すればデビューして即芥川賞作家になることに。また、『早稲田文学』でずっと書いていたシンガー・ソングライター川上未映子や、劇団五反田団の前田司郎が入っている点も注目です。

第137回直木三十五賞候補作品

著者 題名 出版社
北村薫 玻璃の天 文藝春秋
桜庭一樹 赤朽葉家の伝説 東京創元社
畠中恵 まんまこと 文藝春秋
万城目学 鹿男あをによし 幻冬舎
松井今朝子 吉原手引草 幻冬舎
三田完 俳風三麗花 文藝春秋
森見登美彦 夜は短し歩けよ乙女 角川書店

 こちらも北村薫(5回目)と松井今朝子(3回目)以外は初候補ばかりと新しい作家が目立ちます。特に桜庭一樹万城目学森見登美彦は、今もっとも勢いと実力のある若手と言えるのでしょうが、出版社という面から見るとちょっと受賞は厳しそうです。逆に昨日の「ミステリクロノ予習にループ物ブックガイド」でも作品を紹介した北村薫は、今回、文藝春秋からのノミネートなので非常に期待が持たれます。が、同じくその文藝春秋からは畠中恵や三田完もノミネートされているので、どうなることやら読みづらいですね……。