雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

雲上回廊から第3回「文学フリマ大阪」出店のお知らせ(その1)

 こんにちは、雲上回廊秋山真琴です。
 開催まで1ヶ月を切りましたので、そろそろ告知を始めることにします。
 9月20日(日)11時〜17時にて、大阪で開催される、第三回文学フリマ大阪に出店します。会場は堺市産業振興センター イベントホール。地下鉄御堂筋線なかもず駅、もしくは南海高野線中百舌鳥駅から徒歩3分となります。
 サークル名は雲上回廊、ブース番号はD-03となります。みなさまのお越しをお待ちしております。
 今回の出店は下記の通り、企画しています。長くなるので折りたたみます。

はじめに、雲上回廊とは

 雲上回廊は秋山真琴が代表を務める、総合創作団体です。主な活動として文芸作品の発表の他、出版機能や編集機能の提供を行なっています。と書くと、多くの団体員がいるように見えますが、今も昔も代表一名だけの団体です。コーポレートメッセージとして「For everyone's tomorrow」を掲げています。
 文学フリマにおいては、秋山が執筆した作品の頒布と、秋山が編集や企画等で関わった作品の頒布を行なっています。

頒布する本の紹介

【新刊】『大阪彷徨記』400円
【新刊】『ゆる本 Vol.24』200円
【準新刊】『7文字でつながる連作超短編を書こう! 2015』500円
【準新刊】『幻視コレクション 語り継がれる物語の前夜』800円
【委託】『文学フリマガイドブック 2015年春(通算第7号)』200円
【委託】『文学フリマガイドブック 2014年秋(通算第6号)』100円

終わりに

 とりあえず(その1)と言うことで、初回はこれくらいです。
 頒布する本の具体的な内容や、考えている無配については(その2)以降で発表させていただきます。既刊も多数ありますが、持ち込み部数を確認した上で改めて発表します。よろしくお願いします。