雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

867

 実に評価に困る作品だ。仕掛け自体は中盤で気づけるのだが、最後まで読ませる力を持っているし、その見せ方も上手い。また、前作『白い花の舞い散る時間』を読んだときも思ったが、少女たちが随所随所で放つ科白の斬れ味が凄まじいのだ。「おめでとう。オリジナルはあなたのほうよ」なんて科白には二重の意味でドキリとさせられた。しかし、面白いかどうかと問われると素直に頷けない。近々、新刊が出るらしいので、それも読んでみたいとは思うが、あるいは秋山には向いていないの作家なのかもしれない。