雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

私家版ライトノベル十大小説

 文学やSFばっかり人気でずるいぞ! と言うわけで、秋山真琴版ライトノベル十大小説を選出してみました。

1)上遠野浩平ブギーポップ』シリーズ
2)川上稔『都市』シリーズ
3)秋山瑞人猫の地球儀』上下巻
4)古橋秀之『ケイオスヘキサ』三部作
5)あざの耕平Dクラッカーズ』シリーズ
6)中村恵里加ダブルブリッド』シリーズ
7)うえお久光悪魔のミカタ』シリーズ
8)成田良悟バッカーノ!』シリーズ
9)三枝零一ウィザーズ・ブレイン』シリーズ
10)久住四季トリックスターズ』シリーズ
次点)海羽超史郎『ラスト・ビジョン』

 シリーズ補整&思い出補整かかりまくりですね。十大小説と言いながら次点も入れてしまいましたし。
関連エントリ:ライトノベルマイベスト2007年度版

追記

 見返してみて気がつきましたが『Dクラ』を除き、すべて電撃文庫ですね。前々から電撃文庫好きという傾向は自覚していましたが、まさかここまでとは思っていませんでした。