雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

文学フリマお疲れ様でした

 文学フリマにて、雲上回廊のブースにお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
 ご用意させていただいた新刊『7文字でつながる連作超短編を書こう!』は、開場から2時間を待たずに完売し、とても嬉しかったです。午後になって足を運ばれた方や、ミステリーカレッジに参加してから文学フリマに来られた方には、わざわざ来ていただいたのに見本誌すらお見せすることができず*1、たいへん申し訳なく思います。
 その後、既刊の『ハイパーテキストプレイ本』も無事に完売し、委託として受け入れさせていただいた本も完売とまでは行かなくとも上々の成績を残すことができ、ブースを提供した身としてはたいへん光栄です。
 なお、いただいた本は、基本的にすべて感想を書こうと考えています。が、夏コミのときにいただいた本やゲームの感想もまだ書いていませんし、ここ数日、同人活動に精を出しすぎて、感想を書いていない本も溜まってしまっています。私生活の方は、ちょっと一段落ついたところなので余裕はあるのですが、そろそろ『回廊』第14号の発行まで1ヶ月ほどですし、時間の使い方に迷います。
 ともあれ、文学フリマに参加された方、本当にお疲れ様でした。また来年。

*1:自分自身の分すら残さず売り切ってしまった夏コミでの経験を忘れず、見本誌として1部だけでも残しておこうと思っていたのですが、うっかり全て売ってしまいました。