雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

プリニークラブゲーム会_2015_02011


 水池くんが仕事で名古屋に来ていました。
 ので、軽く観光しますかということで、大須商店街を歩いたり、熱田神宮で刀を見たり。ほんとうは夕飯もと考えていたのですが、どうも体調が優れずに夕方に解散を打診しました。
 が、後から気づいたら、どうやらただの二日酔い&疲れだったらしく、日が沈んだ頃合いから元気が出始めて、結局、夜は飲んだりしていましたとさ。
 以下、途中で立ち寄ったプリニークラブで遊んだゲームの感想など。

テラミスティカ


(インスト:1時間、プレイ時間:2時間)
 当初は『カルカソンヌ』の2人戦をしましょうということだったのですが、行ってみるとゲーム置き場に『カルカソンヌ』の箱はなかったので、代わりに『テラミスティカ』を遊ぶことに。
 遊ぶのが1年振りかつ、インストをしたことがなかったので、ルールブックを見ながらやったら1時間も掛かってしまいました。今までずっと種族はランダム、ボーナスタイルもランダムだったのですが、ルールブックを見たら「初プレイにオススメのセット」みたいのがあって、それに従ってやってみました。種族は水池くんがノマドで、秋山はウィッチ。
 砦スタートを切ったけれど、結果としては失敗。聖域スタートで、3街を目指すべきであった。水池くんが共存を避けて、砂嵐で独自路線を進んでいくスタイルだったのも、ウィッチにとっては辛い展開だった。中々、魔力が稼げず、2回もワーカーを使ってスコップするハメになった。
 結果としては2街しか作れず、100点越えはならず。まあ、名古屋に来て、インスト込み3時間ゲームに付き合ってくれた水池くんに勝ってもらえて良かったと思うことにします。
(水池さん114点、秋山96点)

終わりに

 最近は今さらながらに、このレイヤーのゲームが気に入っています。
アグリコラ』はランダム要素が高すぎるので良いかなあと思うけれど『テラミスティカ』は、もっと遊びこみたいですね。後は『ツォルキン』とか『カヴェルナ』とか……。