雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

変態二重四目並べ『Yavalax(ヤバラックス)』を遊びました

f:id:sinden:20171204184042j:plain
 ゲームマーケット2017秋の、土嚢の会さんの試遊卓にて、正田謙さんの新作『Yavalax(ヤバラックス)』を遊びました。
 正田謙さんは、けがわさんの本名です。2人用アブストラクト好きが高じて、スペインで2人用アブストラクトゲームを数多くリリースしているネスターゲームズからオリジナルゲームを出していたりもします。今回、紹介する『ヤバラックス』もそのひとつとなります。


 元々、ネスターのゲームに『ヤバラス』というゲームがありました。
 これは、三目を作らずに四目を作る、変則的な四目並べでしたが、これを少し捻り、2つの四目を同時に作るのが目的のゲームですね。
 四目2つをピッタリ作らなければならないので、ひとつだけの四目を作ってしまったり、五目以上を作ってしまうと反則負けになります。従って、2つの四目を同時に作ることを目指しても良いですし、相手プレイヤにひとつだけの四目を作らせて反則負けを狙うのもありとなります。


f:id:sinden:20171202161758j:plain

 捻りが効いているのは、手番の行動。
 先手番の最初の手番では石を1つ置くのですが、それ以降は2つずつ石を置きます。これによって、アブストラクトあるあるな先手番有利を解消しているのが美しいです。


 デザイナが言うほど変態かどうかは分かりませんが、シンプルでありながら、中々に深いので、2人用アブストラクトの中では、かなり上位に来ると思います。