雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第123回『能登ごいた保存会東京支部例会』参加レポート

f:id:sinden:20180305192323j:plain
 毎月第1月曜日に、ゲームスペース柏木で開催されているごいたの東京支部の例会に参加してきました。
 1月と2月はなんやかんやありまして、今年は初めての参加です。


 春が近いからでしょうか。
 この日は、傘もさせないほどの強風と雨とで、けっこう大変でした。
 会場に到着したのは18時半くらいだったでしょうか。一番乗りでした。
 15分ほどグラブルしていたら、続々とひとが集まり始めたので、開会の19時前には、もう打ち始めていました。


 この日は、最終的に28名ほどが参加して、常時6卓は立っていたように記憶していますが、人数が揃わないうちは、ひとはいるけれど駒がない的な状況になり、大内さんがお持ちなられた動物将棋で打とうかという話になりました。
 冒頭の写真は、そのコンポーネントを使ったときの写真です。
 打っているところも動画を撮って、GIF動画にしてみました。こんな感じです。


f:id:sinden:20180307144045g:plain


 どうぶつの絵柄で、可愛いは可愛いですけれど、駒の強さが直感的に分かりにくく、ちょっと混乱しますよね。
 特に、香。
 うりぼうが香車に相当するのですが*1、うっかり使ってしまいそうになり慌てたりしました。


 21時にお知らせタイムがあり、大会の情報や会の告知など。
 ごいた会、ほんとうに増えましたね。都内であれば週に1回は、どこかしらでごいただけの会が開かれるようになりました。
 次回は4月2日。ゲームマーケット大阪の翌日かつ年度初めですが、都合が合えば参加予定です。

*1:猪突猛進、ということですかね。