雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

食って食って食いまくれ『シュラスコ!』の感想

f:id:sinden:20180620145108j:plain
 ビストロナガタさんのゲームマーケット2017秋の新作『シュラスコ!』を遊びました。
 シュラスコ、ご存知ですか? ブラジルの肉料理で、焼いた肉を串に刺したものを、店員が持って店内を歩き回り、お客さんの皿にどんどん置いていくスタイルが有名です。
 秋山は、脂が苦手で、あんまり脂っこいものを食べるとお腹を壊すのですが、年に数回は、


肉が……脂っこい肉が……食べたい


 となり、そんなときに食べたくなります。
 閑話休題。
 このゲーム『シュラスコ!』は、この料理をテーマとしたカードゲームです。
 ゲーム開始時に、各プレイヤは、人物カードを受け取りますが、そこに担当キャラの満腹数が書かれています。その数値になるまでは肉を食べることが出来るので、なるべく色んな種類の肉を食べたり、あるいは大好物の肉をいっぱい食べることで勝利点を得られる、バースト系のゲームです。


f:id:sinden:20180620145202j:plain


 この要素だけを取り上げると、けっこうありふれています。
 タイトルは割愛しますが、他には酔っ払うギリギリまでお酒をいっぱい飲もう! みたいなゲームもありますね。


『シュラスコ!』の特徴的なところは、カードの分配方法にあります。
 ターンプレイヤから、場に並んでいるカードの中から今回の注文を選ぶのですが、選ばれたお肉は選んだ本人だけでなく、他プレイヤも受け取ることになるのです。この巻き添え感は、シュラスコらしく、


脂身の多いお肉は、あんまり食べたくないんだけど……ま、いっか


 というシュラスコあるあるを、よく再現できているように感じました。
 よく出来ています。
 後、個人的に気に入ったのは、ルールブックの巻末に沿えられていた料理解説。

・イチボ
 牛のお尻の先にある、シュラスコを代表する部位。
 赤身と脂身の美味しさが堪能でき、柔らかくて美味しい。

 なるほど、と。
 必要最低限の説明で、美味しく感じます。
 そして、

・カイノミ
 牛の脇腹あたりにあり、ヒレ肉の近くにある部位。
 脂がのっているがしつこくなく、上品な味わいで美味しい。

 これ。
 美味しそうですね。
 もう少し、見てみましょうか。

・クッピン
 牛のコブ肉。脂が多く、濃厚な味わい。
 肉の繊維がきめ細かく、口の中で砕ける食感が美味しい。

 お分かりになりましたでしょうか?
 そう……!


全部、美味しいじゃねえか!


 しまいには、

・焼きパイナップル
 皮をむいて筒状にしたものを焼き、表面を切り分ける。
 温められて強調された甘み、程よい酸味が美味しい。

 パイナップルまで「美味しい」で締められています。
 いいですね、こういう様式美。そして、これだけ「美味しい」を繰り返されると、ほんとうに美味しそうに思えてきて、シュラスコを食べたくなります。


シュラスコ……食べたい


 良いゲームじゃないですか。
 最高の体験でした。