雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

正体隠蔽系シンプルの極致『ケーキはどこへ消えた?』の感想


f:id:sinden:20190725161543j:plain
 みさき工房さんのゲームマーケット2019春の新作『ケーキはどこへ消えた?』を遊びました。
 4人から5人で遊ぶことのできる正体隠蔽系のゲームです。


 みさきさんの作品は、2011年の『貴族の時代』から追いつづけていますが、5分~10分で終わる正体隠蔽系と聞いて、思わず「えっ?」と聞き返してしまいました。
 みさきさんというゲームデザイナらしからぬ概要に、「どういうことかしら?」と思いながら遊んでみて納得しました。


f:id:sinden:20190725161635j:plainf:id:sinden:20190725161635j:plain


 先に、ゲームのルールを説明すると、いわゆるワンナイト人狼系です
 ゲーム開始時にメイドカードが配られ、犯人役を引いたプレイヤは、おやつのケーキをこっそり食べた犯人となり、被害者役は、ケーキを食べられておこ状態のメイドになります。
 役割を確認したら、次は順番カードの順に従って、各プレイヤは、他プレイヤのメイドカードや、配られずにテーブルの中央に残ったカードの中身を確認することができます。
 全プレイヤが1人ずつアクションを終えたら、後は投票タイム。「いっせーのーせ」で投票し、もっとも多く指さされたプレイヤが、自身のメイドカードを公開し、それが犯人カードであったならば被害者陣営の勝利、被害者カードであったならば犯人の勝利です。
 以上。
 シンプルでしょう?


 ルールを読んだタイミングでは、シンプルに過ぎると感じました。
 ここまで、シンプルにしてしまうとゲームとして成立しなくなるのではないか、とも感じました。
 しかし、いざ遊び始めると杞憂であったことが分かりました。
 たとえば、先手番プレイヤが見たカードを、後手番プレイヤは確認できないだとか、猫カードを渡されたプレイヤは、発言するべきタイミングにおいて、必ず「にゃー」と言わなくてはならない等、随所にルールが効果的に機能するように仕込まれているのです


f:id:sinden:20190725161706j:plain


 プレイ時間が短いので、2回、3回と連続して遊びやすい
 議論の時間が存在しないので、正体隠蔽系が苦手なひとでも遊びやすい
 などもポイントでしょう。
 非常に洗練された、正体隠蔽系の極致という印象です
 正体隠蔽が好きな方も、そうでない方も、是非、一度、遊んでみてください。


面白かったよ。でも、犯人は分かったよ!

まあ、犯人がどのメイドであるかは、なんなら箱の裏を見れば分かる

ねこがいいよね! にゃーしか言えないの。毎回、よっちゃんがねこを引いていたから、また、ねこ化してないか、とりあえず質問したよ

配ったときも、自分で選んで取ってもらったときもねこだったし。ねこになる運命なのでは?

ゲームとしても、よく出来ていたよね。面白かった!『ワンナイトマンション』も面白かったけれど、こっちの方がシンプルで遊びやすいと思う

そうね。軽さでは、こちらに軍配が挙がるね。個人的には、ちゃんと考えたい派だから『ワンナイトマンション』の方が好みかもしれない

5分で終わる軽さも良かったよ。もういっかい! って言いやすいしね