雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

口にできるのはカードに書かれた台詞だけ『囁きノ館』の感想

f:id:sinden:20190404133943j:plain
 よぐゲームさんによるゲームマーケット2018秋の新作『囁きノ館』を遊びました。
 3人から7人まで遊べる正体隠蔽系のゲームです。


 これは、けっこう面白かったですね。
 陣営的には計3種類。ふしぎな館に迷い込んでしまった人間プレイヤは脱出を目指し、善霊は人間を導きながら成仏を目指し、悪霊は人間を呪い殺すことを目指します。
 割り振られた役職ごとに、各々のプレイヤが取るべき行動は異なりますが、実際にできることは少ないです。
 と言うか、ボード上で手を動かして、トークンをめくるかめくらないかの判断ができるのは人間プレイヤだけで、善霊プレイヤと悪霊プレイヤは、人間プレイヤに対して、そっと囁きかけることしかできないのです。
 しかも、囁やける台詞は、手札として持っているカードだけなので、けっこうな制限が課せられています。


f:id:sinden:20190404134023j:plain


 この制限が、非常に効果的に作用していると感じました。
 正体隠蔽系のゲームは、概して他プレイヤを騙す必要があり、口先八丁と言うか、喋りが上手いひとが有利だったりするのですが、上述の通り、喋れるのはカードに記載のある文言だけなので、喋りが上手いも下手もないんですよね
 敢えて言うとタイミングです。
 人間プレイヤが、自分がめくって欲しいトークンの近くにきたときに、タイミング良く、


そぉれぇだぁ……


 と、おどろおどろしく囁くのです。
 最初のうちは、タイミングを見て囁くのですが、だんだん盛り上がってくると、そこそこの音量でどんどん囁き始めるので、むしろ騒々しいくらいになります。


 正体隠蔽系ゲームが苦手な方も遊びやすい、気軽で気楽なゲームです


最初は、タイミングをはかって囁いてたんだけど、その内に、なんだか囁くのが楽しくなってきちゃって、よく分からなくなっちゃった

それね、マジで、困惑するやつ

怖いって言うより、うるさい屋敷だったよね

だんだんね、囁きのね、ボリュームがね、じわじわとね、上がってきたね

大音量だったよ