雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

回る謎、1皿から『なぞざんまい』の感想


f:id:sinden:20181010104135j:plain
 2018年10月7日から8日に掛けて開催されたナゾガク2018の1日目に遊んだ、algoさんの『なぞざんまい』の感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

謎の寿司屋、なぞざんまい!
1皿から注文可能!好きなだけお解きください!
持ち帰り寿司もございます!
伝説のメニューが存在するといううわさも……?


なぞざんまい、開店いたします!

https://nazogaku.wixsite.com/nazogaku5th/algo

感想

 厳密には、感想を書けるほどに遊べていません。
 と言うのも解けていないからです。


 最初は見た目に惹かれました。
 ノレンの向こうに、ほんとうに皿が回転していて、寿司職人コスのスタッフさんが「へい、らっしゃい」と言いながら、握る振りをしていて、ふらふらと入ってしまいました


 ちょっと変わったスタイルの謎解きでした。
 まず、小謎が30個あります。それぞれ、まぐろだとかサーモンだとか玉子といった名前がついています。
 グルグルと回る謎は、1皿単位で購入できますし(1皿150円)、お得なセットもあります(30皿3500円)。
 試しに1皿取ってみて解き始めたら、これが難しいこと難しいこと。秋山が取ったのは、閃ければ一瞬で解ける1枚謎ではなく、パズル系だったのです。めっちゃ時間が掛かるやつ


 なんとかして解けましたが、2皿目に手を伸ばす気にはなれませんでした。
 ナゾガクの開催時間は決まっていて、効率的に動かないと、ぜんぜん遊べないからです。


 でも、後になって少し後悔しました。
 1日目に、お徳30貫セットを3500円で買っておくべきだったのではないでしょうか。
 あの場では解けなくとも、ナゾガクの1日目を終えて、自宅でゆっくりと謎を解き、2日目に伝説のメニューに挑戦するというルートがありました。あのときの秋山には、そのルートが見えていませんでした
 む、無念……。


すごーい! って思ったよ、ぐるぐる回ってて

インパクトあったよね

ゆっくり座れて休憩できたよ。涼しかったし。でも、難しかったね

確かに。1皿150円とは思えない難しさだったよね

合わせて読みたい

 ナゾガク2018関連の記事は、こちらにまとめました。
 よろしければ、ぜひ、他の記事も読んでください。