雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

指示に従い、箱を開けろ『[norishiro]』の感想


f:id:sinden:20181010145129j:plain
 2018年10月7日及び8日に開催された、ナゾガク2018で遊んだ、ハテナボックスさんの『[norishiro]』の感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

ストーリーなどという崇高なものは御座いません。
とにかく最後の箱を開けてください。

感想

 すみません、ストーリーと書いて紹介しておきながら、なんですが、ストーリーなかったですね。
 ストーリーや予備知識のような余剰なものはない、純粋な謎解き、略して純謎です(今、勝手に考えた造語です、ご容赦ください)。


 すごかったです
 いや、これは、すごかったです……!
 しまった。
 同じことを、2回、書いてしまった。アホっぽくて、すみません。
 でも、すごかったんです。ほんとうです!(アホっぽい……)


 最初はですねー、正直、意味分かりませんでした。
 指示に従って進めていくのですが「は? なんで、こんなことさせるの?」なんですよね。
 でも、だんだん見えてくるんですよ。
「あ、もしかして、そういうやつ?」
 と。


 そして、第一段階とでも言うべき工程が終わると、ひとしきり指先の器用度が試されるわけです。
 正直、この手の謎解きをやるときは、いっつも不安になるんですよね。「自分、不器用ですから」という言葉は、かっこいいと思いますが、どちらかと言うと、不器用ではない……と思っているのですが、いっつも四苦八苦するんですよね。
 今回も苦戦しました。
 とても立ったままはできなかったので、ベンチに座って格闘しました。
 格闘した結果、出来上がり、出来上がったけれど、次になにをすればいいか分からず、途方に暮れました。


 そして、何をしたかと言うと、


まえさこさん、すみません、ヒントください


 まえさこさんが通りがかったタイミングで、ヒントを貰いにいきました……!
 いやあ、顔を知っていて良かったです。
 知らなかったら詰んでました。


 で、ちょっとだけヒントを貰い、と言うか、次の指示を明確にしてもらい、え? でも、いくらなんでも、そんな指示? 従って、大丈夫なの??
 と、ビクビクしながらも従った結果……、


 劇的に解けました。


 けっこう驚きました。
 まったく予想していなかったと言うか。
 びっくりしました。
 少し唖然として、それから思い出したように6桁の数字を導きだし、ボタンを押したら箱が空いてクリアしました。


 終わった後、少し呆然としました。
 楽しさや面白さが脳の許容量を越えると、ちょっと整理するのに時間が掛かりますよね
 感動、でした。
 そして次のナゾガクでも、ハテナボックスさんの周遊は、ちゃんとやろうと思ったのでした。


けっこう周遊、大変だったねー

そうねえ。時間帯によっては廊下が混雑していて、見つけられないものね

でも、楽しかったよ。工作、好き

ぺこらさん、手を動かす系は総じて評価高いよね

合わせて読みたい

 ナゾガク2018関連の記事は、こちらにまとめました。
 よろしければ、ぜひ、他の記事も読んでください。