雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用心理戦カードゲーム『眠らぬ金山』の感想


f:id:sinden:20181201105000j:plain
 推理ゲーム研究会さんのゲームマーケット2017秋の新作『眠らぬ金山』を遊びました。
 2人専用のカードゲームです。


 ゲームは計7ラウンド。
「いっせーのーせ」でカードをプレイし、行動順が早い方から先に処理していきます。先に7金を稼ぐか、7ラウンドが経過した時点でより多くの金を採掘したプレイヤが勝利します。ただし、ゲーム中、一度は「休日」カードで休む必要があります……。


f:id:sinden:20181201105055j:plain


 2人がまったく同じカードデッキを持つ、いわゆる心理要素のあるカードゲームです。
 一時期のゲームマーケットでは、よく見られたメカニズムですが、カードの効果がよく出来ているのと、行動順の考え方が入っていることで、他のゲームとは一線を画しています。


 秋山が遊んだのは第二版ですが、拡張ルール4「紙一重」が圧倒的に良いと感じました
「基本ルール」ですと、デッキのカードすべてを使うことができるので、どうしても一度、遊べば勝ちパターンがある程度は見えています。
 しかし「紙一重」の場合は、採掘カードだけは最初から持っていますが、その他の2枚でランダムで引き、残りは山札とします。さらに、山札の一番上のカードは公開状態です。
 この状態だと、お互いに相手が出せないカードが1枚は分かっています。しかも、2ラウンド目以降は、先ほど山札の一番上にあったカードが手札に入っているわけで、そこから先の展開も少しだけ読むことができます。
 この見通しの不透明さがちょうどよいと感じました。


「紙一重」ルールは、ほんとうに良くできているので、基本ルールを遊んで満足せずに、是非「紙一重」ルールもお試しください。優れた2人用カードゲームです。


紙一重ルールは、ちょっとカード運によって、展開が分かれるよね。初手休日を打てれば、とっても強いと思う

そうねえ。いつ打つのかが悩ましい休日を、初手で打てれば安泰だものね

でも、やっぱり、紙一重ルールの方が好きかな。ゲームとしては奥深いと思う

紙一重、いいよねー