雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

僕の殺人

僕の殺人 (講談社文庫)

僕の殺人 (講談社文庫)

 デビュー作、シリーズ一作目。
 透明感のある筆致に、繊細で落ち着いた文体。主人公の大人びた視点が批判されたようだが、これぐらい知的でないとミステリの主人公はやってられない。物語に起伏はあるし、最後の驚きも用意されているので、楽しんで読める。後書きも小説家を目指しているのならば必読。