雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん (富士見ミステリー文庫)

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん (富士見ミステリー文庫)

 な……なっ、なんだ、これは! 面白い!
 まさか秋山の両目は節穴だったのだろうか。今までずっと、こんな面白いものを読んでいながら「つまんなーい」なんて口走っていたのだろうか。いや。実際、そんな絶賛するほど面白いというわけではないけれど、青春物として恋愛物として、この短編集はそこそこに面白かった。あるいは期待せずに手に取ったからの効果かもしれない。次は心して読もう。