雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

カレとカノジョと召喚魔法

カレとカノジョと召喚魔法 (電撃文庫)

カレとカノジョと召喚魔法 (電撃文庫)

 なんてステレオタイプだろうかと思った。流行りのツンデレでも書こうとしたのだろうけど、ヒロインはいくらなんでも強すぎるし、しかも戦闘シーンにあまり魅力がない。ダラダラと読んでいたら、どうもミステリらしいと分かったけれど、絶対に分からない犯人に見抜けないトリック。いかがなものかとページを繰っていたのだけれど、最後の最後で評価逆転。いやあ、これは狂ってるよ。作中の登場人物か。よくぞここまで爽やかに、明るく、壊れた人間を描けるものだ。凄まじい。