雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

804

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

 shakaさん(id:shaka)が東野作品の中では随一とおっしゃっていて、貸してくださったので読むことに。秋山は他人の悪意を苦手とする人間なので、推薦がなければ、まずタイトルに負けてしまい手を出さなかっただろう。読んでいる最中も嫌な予感は付きまとっていたが、最終的に不条理さや無意味感はなく、悪意という人間の持つ感情に真っ向から立ち向かっているように思えた。
 構造からして、法月綸太郎『頼子のために』を連想してしまい、それを頭に思い浮かべたまま読み進めたのだが、いい意味でミスリードになった。裏表紙に「超一流のフー&ホワイダニット」とあったが確かにその通り。この動機は『姑獲鳥の夏』や『すべてがFになる』でミステリ読者に投げられた「描かれている動機(あるいは描かれていない動機)」に対する答えなのかもしれない。